野菜不足を解消するには?簡単な方法まとめ!

野菜不足を解消するには?

 

簡単な方法を解説していきますー

 

 

野菜不足の原因や不足しがちな人の傾向

 

生活習慣病の罹患率上昇が取り沙汰される度に野菜不足が叫ばれますが、どうしてこれほどまでに野菜の摂取量が不足するのでしょうか。

 

実際に野菜が嫌いで食べられないと言う人もいるでしょうが、野菜不足の人の多くは野菜を食べる機会があまりないと言うのが実情でしょう。

 

今の日本は長時間労働が当然で、朝ご飯さえゆっくり食べる時間が無いと言う人が多いです。そのため基本は外食や出来合いのものを食べると言うことになりがちですが、外食では野菜が中心のメニューでは無い限り野菜がほとんど使われないのが普通です。

 

それは何と言っても野菜は単価が高いですし日持ちしないため管理コストも嵩むからです。特に安くてお腹を満たせるようなメニューばかりを食べていてはほとんど野菜を摂取することができず、そんな生活を続ければ生活習慣病リスクが高まるばかりです。

 

また、今の若い世代はそもそも野菜を日常的に食べる習慣が無いことも多くあります。出来合いの食べ物で育った人は生野菜を食べる必要性を理解しないまま一人暮らしを始め、野菜を全く食べない食生活を送っている人も少なくありません。そういった人は後々大きな健康リスクを抱えることとなります。

 

野菜を食べなくても、体の力が出なかったりすぐに何かしらの病気になったりということはありません。しかし、その影響は歳を取ってから如実に表れ、特に若い頃からの食物繊維の不足は大腸がんにかかる確率を大幅に上げるなど深刻な問題を引き起こします。野菜を食べる必要性をしっかりと知るところから始めなければなりません。

 

野菜不足になるとニキビ・吹き出物ができやすい

 

野菜不足を解消するには?

 

日本人の食の欧米化、とはよく耳にする話です。近年日本人の食事の高脂質化により、生活習慣病の罹患率が極端に増加し社会問題となっています。

 

そして生活習慣病と関連づけられて語られるのが野菜の摂取量の不足です。野菜は体調の調整に様々な働きを担う食材であり、ビタミンや食物繊維が特に生活習慣病に重要とされます。

 

そのため野菜不足が続けば短期的には小さな不調が続くようになりますし、長期的には大腸がんなど大病の直接の原因となってしまうのです。

 

野菜不足を解消するためには、当然ながら野菜を食べることが最も基本な解決法となります。実際に一日の必要な栄養素を満たすには予想よりも多くの野菜を食べなければならないことに気付くと思いますが、多少不足していても野菜を食べないのとでは大違いですので、できるだけ毎日意識して野菜を食べなければなりません。

 

野菜ジュースが手軽

 

野菜を食事である程度摂取するのを前提に、不足分を補う手段はいくつかあります。まずは野菜ジュースなど手軽に野菜を摂取できる食品・飲み物を利用すること。

 

近年の健康ブームにあやかり様々な野菜ジュースなどが各メーカーから販売されています。スティック型で野菜たっぷりの健康補助食品などもあります。

 

サプリメントの利用

 

またさらに手軽な方法としてサプリメントの摂取があります。サプリメントは主にマルチビタミンなどを用いて野菜不足分の埋め合わせとすることになりますが、食物繊維が不足しないように気をつける必要があります。

 

野菜サプリ一覧@野菜不足におすすめはどれ?

 

野菜不足のときに補給したい栄養はなに?

 

野菜は毎日しっかり摂取したい食材であり、野菜を中心とした食事は様々な病気を予防し健康を増進しますが、逆に野菜が減り肉が多くなると生活習慣病のリスクが高まってきます。したがって毎日、できれば毎食野菜をある程度摂るべきです。

 

とはいえ、外食中心の方ですとなかなかそうもいかないのが現実ですよね。そこで、野菜不足の時に特に摂取したい栄養素を挙げてみます。これらの栄養素を補給することで、ある程度は野菜の代わりとすることもできるでしょう。

 

水溶性ビタミン(ビタミンB群・C)

 

多くの野菜には豊富な水溶性ビタミンが含まれています。体内でこれらのビタミンは非常に多岐にわたる働きを担っているため、極端に不足すると全体的に体が不調となってきてしまいます。またこれらのビタミンは短時間で水分に溶けて尿の中に混じってしまうため、一時に大量に摂取しておくということができません。したがって定期的に、できる限り毎日摂取しなければなりません。

 

必須ミネラル

 

野菜に含まれる必須ミネラルの絶対量はそれほど多くはありませんが、土壌のミネラルを吸い上げているため多くの種類のミネラルを微量に含んでいます。野菜の摂取量が極端に不足するときは、マルチミネラルサプリメントのような全体的にミネラルを補給できるサプリメントを利用したいものです。

 

食物繊維

 

これは非常に重要です。食物繊維を含む食材は野菜だけではありませんが、野菜を食べない人はその他の食物繊維を多く含む食材もほとんど食べていないことが多く、特に外食では摂取しにくいのです。極端な不足が続くと非常に深刻な便秘や腸内環境の悪化を招きます。できるだけ他の食材で食物繊維を補うべきです。

 

単身赴任・一人暮らしの野菜不足対策

 

単身赴任などで一人暮らしとなると、多くの人が適当にしてしまいがちなのが食事です。特に男性の場合まともに料理が作れないということも少なからずあるでしょう。

 

食事は健康の礎であり、食事が乱れると少しずつ健康が蝕まれていくものです。ですから、一人暮らしになったら、意識して野菜を摂取する必要があります。

 

本当は生野菜をしっかりと食べるのが最もいいのですが、一人暮らしではそもそも自炊をしないという人も少なくないでしょう。その場合、何らかの方法で埋め合わせなければなりません。毎日続けやすい方法としては、野菜ジュースなどを利用する方法があります。

 

特にあらごしの野菜ジュースは食物繊維も多めに取れるため、まさに野菜をそのまま食べるのと同程度の栄養を簡単に摂ることができます。

 

野菜ジュース以外にも野菜の栄養を多く含んだ固形の補助食品などが多くありますので、楽に続けられそうな自分の口に合ったものを選びましょう。

 

また、サプリメントを利用するのもいい方法です。ほとんどカロリーを摂取せずに栄養素だけ摂れるサプリメントは便利なものですし、ほとんどの場合毎日野菜ジュースを買うよりも安く上がるでしょう。ただしほとんどのサプリメントでは食物繊維が摂取できません。

 

食物繊維は男性にとっても非常に重要な栄養素ですので、他の手段できちんと摂取しなければなりません。また多く飲めば健康になるというものでもありませんので、用法・用量をきちんと守って使いましょう。

 

 

更新履歴